子どもの運動能力を高めたい|ゴールデンエイジに採用した物・スケーティングボード編

スケーティングボード

こんにちは!

「たいらのたんぼ」こと【たいたん】です。

この記事では以下のことについて書いてます。

スケーティングボード(スライドボード)の概要

メリット・デメリットについて

子どもが運動系のクラブに入ったら、

試合で活躍してほしいと親なら願ってしまいますよね。

少しでも多くの点数入れてほしい!

誰よりも足が速くなって欲しい!

等…子供の気持ちと裏腹に考えてしまいますよね。

我が家でも長男がサッカーを始めてから色んなトレーニング器具を取り入れて、

運動能力向上のためにチャレンジしてきました。

そんなトレーニング器具たちの効果と使い方を紹介したいと思います。

今回は、「うちの息子、切り返しメチャメチャ遅いなぁー。踏み込み弱いのかな?」と思った時に取り入れた、

スケーティングボード(スライドボードやスライディングボードとも呼ばれています。)です。

目次

【スケーティングボード(スライドボード)とは?】

室内でスケートをする感覚で滑りやすいボードの上を専用の靴下を履いて滑るトレーニング器具です。

スケートが盛んなところ以外の方は想像しがたいと思いますが、

スケートをするには太ももの筋力の使い方や、滑りだすときは踏み込みがとても重要となります。

そして、有酸素運動なのでとても疲れます。

屋内で行えるトレーニングとしては若干負荷が強くとても素晴らしい器具です。

それをスケートリンクに行かなくても実践できるところも素晴らしい器具だと思います。

【スケーティングボード(スライドボード)の期待効果】

  • 下半身筋力の向上
  • 心肺機能の向上
  • バランス感覚の向上
  • ダイエット(大人用)

~下半身筋力向上~

スケートのように滑るには突っ立ったままだと安定しないので、

膝を曲げて腰を下ろして体勢を整えなければなりません。

そうすると、太ももを中心に負荷がかかるので筋力向上につながります。

また、滑るときに踏み込みが必要なため、

下半身筋力の向上に間違いなくつながっていきます。

皆さん、オリンピックで見たことがあるスピードスケートの姿勢です!

辛いですよー!(笑)

私もやってみましたが太ももの筋力だけではなく股関節付近の疲れも感じました。

内ももにも負担がかかるので効果があります。

~心肺機能の向上~

長距離のスケートは有酸素運動のため、

長くトレーニングすると心肺機能向上につながります。

室内でできるので冬期間の寒くて外で運動したくない場合や

コロナ禍の現在においてはとても重宝できると思います。

~バランス感覚の向上~

スケートはバランス感覚がないと滑れません。

このスケーティングボードはそれを実現できます。

滑りやすい不安定な場所で、体の重心や軸を意識して体勢を整えて滑らないといけないので、

バランス感覚の向上と体幹を鍛えられます。

~ダイエット(大人用)~

スケートを一定時間行うことは有酸素運動になるので、

ダイエットを目的としている方だったらスケーティングボードはとても最適です。

メチャメチャ汗かきます。私はサウナスーツを着て行っています。

10分実施すると汗だくです。

きっと継続して行えばスリムな体を手に入れられるでしょう。

以上がスケーティングボードで得られる効果です。

今まで紹介してきた「室内用トランポリン」「スラックレール」より負荷が強いので

筋力向上をメインに心肺機能向上に効果的なんだと感じます。

このスケーティングボードは私が中学生だった約20年ほど前から

アイスホッケー部が夏場のトレーニングとして取り入れられていました。

室内で行える器具としては優秀だと思います。

【デメリットと対策】

  • 最初丸まって収納されているので伸ばすのが大変
  • 使うと滑りが悪くなる
  • 収納が困る

~最初丸まって収納されているので伸ばすのが大変~

購入して最初に出したときに丸まって収納されているのでボードに癖がついてしまっていました。

2日程度、重たい本などで伸ばしたら癖が取れたので問題はありませんが、当日は少し使いにくいかもしれません。

~使うと滑りが悪くなる~

使用していくと徐々にボードの滑りが悪くなっていきます。

その際は「シリコンスプレー」を少し吹きかけて雑巾等で拭いてください。

そうすると最初より滑るようになります(笑)。

シリコンスプレーはホームセンターなどで200円程度で購入出来るので、

スケーティングボードを購入した際は一緒に買うことをオススメします。

~収納が困る~

スケーティングボードは長いので自宅でそのまま床に置いておくことは難しいでしょう。

我が家では丸めてゴムでまとめて収納しています。

「それじゃあ、また癖がつくじゃないか!」と思う方もいるかと思いますが。

定期的に使用するので癖は付かず、すぐ伸びますので問題ありません。

もし、何日も丸めて収納していたら癖がつくかもしれませんが、購入した時ほどの癖はないでしょう。

【まとめ】

スケーティングボードは下半身の筋力向上にはとても有効的だと思います。

また、滑りだすのに踏み込みが必要なことと、

移動には体の重心や軸を意識しないといけないので体の使い方が上手になってくると思います。

我が家も導入してまだ2か月ほどなので今後見えてくる効果を追記していきたいと思います。

また、大人にとってもダイエットにとても効果的です。

屋内で簡単に実施できる有酸素運動なので、

「最近、運動不足でお腹まわりが…」となっている人は是非厚着(サウナスーツ)で実施してみてください!

びっくりするくらい汗かきますよ。

室内でもキツメの有酸素運動皆さんも実施してみてください。

我が家のスケーティングボードは専用の靴が付いてますが25cmまでの靴なので、

それ以上の方は別途お買い求めが必要です。

色々種類もあるので「スライドボード」や「スライディングボード」でも検索してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる