【札幌ドーム会場】東京オリンピック男子サッカー予選|日程や注目選手を紹介

オリンピック札幌ドーム

こんにちは。

【たいたん】です。

このブログでは以下の内容について書いています

・オリンピック男子サッカーの札幌ドームでの日程

・札幌ドームで観られる各国チームの注目選手

札幌ドーム

2021年7月23日からコロナの影響で1年延期となっていた

東京オリンピックが開幕する予定です。

まだまだ、コロナの影響が大きいため

これからどうなるかわからない状況ですが、

私が住んでいる北海道(札幌市)でも東京オリンピックの一部の競技が実施されます。

  • 7月21日(水曜日) 女子サッカー
  • 7月22日(木曜日) 男子サッカー
  • 7月24日(土曜日) 女子サッカー
  • 7月25日(日曜日) 男子サッカー
  • 7月28日(水曜日) 男子サッカー
  • 8月 5日(木曜日) 男子20km競歩
  • 8月 6日(金曜日) 男子50km競歩・女子20km競歩
  • 8月 7日(土曜日) 女子マラソン
  • 8月 8日(日曜日) 男子マラソン

盛りだくさんでオリンピックが行われます。

コロナがなければ最高の状況なんですが…

子どもに世界のレベルを見てもらえるチャンスなんですが…

コロナなくなれ!!

※残念ながら札幌開催のサッカーは無観客開催となりました。

この記事はその中でも

男子サッカーの日程と対戦カード、注目選手について紹介していきたいと思います。

女子サッカーの札幌ドームでの試合日程については下のブログで紹介しています。

目次

【オリンピックの男子サッカーについて】

まずは男子サッカーについてですが、

オリンピックの男子サッカーには年齢制限があります。

年齢規定は大会時点で23歳以下の選手のみが出場可能です。

※東京オリンピックは24歳以下となってます。

若い選手の登竜門となっている大会です。

しかし、『オーバーエイジ枠(OA枠)』と言われ

年齢が23歳以下の選手じゃなくても

各国3名まで年齢問わず登録可能となっています。

各国の超スーパースター選手も出場可能ということです。

また、選手枠も18人→22人に拡大されて

多くのトップレベルの選手が見られることになりました!

なお、オリンピック男子サッカーはオリンピック開幕前の7月22日から予選が始まります。

【東京オリンピック男子サッカーin札幌ドーム】

日程・対戦カード

2021年7月22日(木)エジプトVSスペイン16:30C
2021年7月22日(木)アルゼンチンVSオーストラリア19:30C
2021年7月25日(日)エジプトVSアルゼンチン16:30C
2021年7月25日(日)オーストラリアVSスペイン19:30C
2021年7月28日(水)ルーマニアVSニュージーランド17:30B
2021年7月28日(水)南アフリカVSメキシコ20:30A

札幌ドーム会場で行われる男子サッカーは、

一次予選の6試合で、

7月22日、25日、28日の3日間1日2試合実施されます。

グループはグループCが4試合、グループBが1試合、

日本と同じグループAが1試合予定されています。

札幌ドームで世界のサッカーを見られる素晴らしい機会です。

対戦カードもグループCには

サッカーの強豪国スペインとアルゼンチンが札幌で試合をします。

魅力的なサッカーが見られるのに間違いありません。

それでは各国について紹介します。

【札幌で試合する出場国】

・スペイン

2大会ぶり11回目

最高成績:優勝

2019年のU-21欧州選手権を優勝して出場権を獲得した

スペイン代表。

タレント豊富な優勝候補です。

オリンピックに臨むメンバーも発表されました。

かなり本気のメンバー選考で優勝候補間違いなしです。

U-24スペイン代表所属
▼ GK 
アルバロ・フェルナンデスウエスカ
ウナイ・シモンビルバオ
アレック・ドミンゲスラス・パルマス
▼ DF 
オスカル・ミンゲサバルセロナ
ヘスス・バジェホレアルマドリード
マルティン・スビメンディレアルソシエダ
エリック・ガルシアバルセロナ
パウ・トーレスビジャレアル
オスカル・ヒルエスパニョール
フアン・ミランダベティス
▼ MF 
マルク・ククレジャヘタフェ
ジョン・モンカヨラオサスナ
※ダニ・セバージョスレアルマドリード
※ミケル・メリーノレアルソシエダ
カルロス・ソレールバレンシア
ペドリバルセロナ
▼ FW 
ブライアン・ヒルセビージャ
※マルコ・アセンシオレアルマドリード
ダニ・オルモRBライプツィッヒ
ミケル・オヤルサバルレアルソシエダ
ラファ・ミルウォルヴァーハンプトン
ハビ・プアドエスパニョール
※はオーバーエイジ枠

注目選手はMFペドリ(バルセロナ)

若干18歳ではありますが、すでに所属の強豪バルセロナやA代表でも活躍しており

是非、今大会でも活躍が期待される選手の一人です。。

またDFエリック・ガルシア(バルセロナ)や

すでにA代表の正GKとなっているウナイ・シモン(ビルバオ)など

世界トップレベルの選手が揃っています。

オーバーエイジ枠もダニ・セバージョス、ミケル・メリーノ、マルコ・アセンシオの3名で

まだ24、25歳の3名なのでチームに馴染むのは早そうです。

Embed from Getty Images

※写真はDFのエリック・ガルシア

こんなに素晴らしい選手たちが札幌に集まると考えると最高ですね!

目の前でぜひ拝みたいところです!

・アルゼンチン

2大会連続9回目

最高成績:優勝(2004年・2008年)

南米予選で優勝を果たしオリンピック出場を手にした

アルゼンチン代表

こちらも優勝候補の一角ですね。

アルゼンチンもメンバーが発表されました。

欧州等で活躍している選手もいますがコロナの影響か

完璧な選手選考は出来なかった感じがします。

U-24アルゼンチン代表所属
▼ GK 
※ヘレミアス・レデスマカディス(スペイン)
ラウタロ・モラレスラヌース
ホアキン・ブラスケスタジェレス
▼ DF 
エルナン・デ・ラ・フエンテベレス・サルスフィエルド
マルセロ・エレーラサンロレンソ
ネウエン・ペレスアトレティコマドリード(スペイン)
レオネル・モセビチアルヘンティノスジュニアーズ
ファクンド・メディーナランス(フランス)
フランシスコ・オルテガベレス・サルスフィエルド
クラウディオ・ブラーボポートランド(アメリカ)
▼ MF 
ファウスト・ベラアルヘンティノスジュニアーズ
サンティアゴ・コロンバットクラブレオン(メキシコ)
トマス・ベルモンテラヌース
マルティン・パジェロバンフィエルド
フェルナンド・バレンスエラファマリカン(ポルトガル)
アレクシス・マク・アリステルブライトン(イングランド)
チアゴ・アルマダベレス・サルスフィエルド
▼ FW 
エセキエル・バルコアトランタ(アメリカ)
アグスティン・ウルシバンフィエルド
ペドロ・デ・ラ・ベガラヌース
アドルフォ・ガイチベネヴェント(イタリア)
エセキエル・ポンセスパルタクモスクワ(ロシア)
※はオーバーエイジ枠

注目選手はFWアドルフォ・ガイチ

190cm・94kgの恵まれた体格を活かしたプレーが特徴。

すでにA代表にも選ばれている。

オーバーエイジ枠で選ばれたGKヘレミアス・レデスマも

カディスで正GKで活躍しており、A代表にも名を連ねる28歳の実力者です。

Embed from Getty Images

※写真はアドルフォ・ガイチ

アルゼンチン代表の選手選考は南米選手権もあったし、コロナもあるし、

少し残念な感じもしますが、

しかし、アルゼンチンはアルゼンチンです。

選ばれた選手も実力者ぞろいです。

オリンピック南米予選で活躍していた選手も多いので期待大です。

将来のメッシは現れるか?

・エジプト

2大会ぶり12回目

最高成績:4位(1928年、1964年)

出場権をかけた2019年のU-23アフリカ選手権を制した

エジプト代表

オリンピックに臨むメンバーが発表されました。

ほぼエジプト国内組のメンバーです。

U-24エジプト代表所属
▼ GK 
※モハメド・エル=シェナウィアル・アハリ
モハメド・サブヒアル・イテハド・アレクサンドリア
モハメド・ガドENPPI
▼ DF 
アハマド・フェトゥフザマレク
カリム・フアドENPPI
※アハマド・ヘガジアル・イテハド(サウジアラビア)
※マフムード・エル・ウェンシュザマレク
モハメド・アブデル=サラムザマレク
アハマド・ラマダン・ベッカムアル・アハリ
オスマ・ガラルピラミッドFC
カリム・エル=エラキアル・マスリ
▼ MF 
カラム・タウフィクアル・アハリ
アマル・ハムディアル・イテハド・アレクサンドリア
エマム・アシュルザマレク
ナセル・マヘルアル・アハリ
ラマダン・ソブヒピラミッドFC
イブラヒム・アデルピラミッドFC
アブデルラフマン・マグディイスマイリー
タハール・モハメドクレオパトラ
▼ FW 
アハマド・ヤセル・ラヤンクレオパトラ
サラー・モーセンアル・アハリ
ナセル・モンシエル・ゲイシュ
※はオーバーエイジ枠

注目選手はMFのラマダン・ソビフ(ピラミッド)

エジプト史上2番目の若さとなる17歳11カ月でA代表デビュー

U-23アフリカ選手権では大会最優秀選手賞を獲得している選手です。

残念ながらOA枠のFWモハメド・サラー(リヴァプール)は選ばれませんでしたね。

日本でプレーしている姿を見てみたかった!

Embed from Getty Images

※写真はMFラマダン・ソビフ

エジプト代表も監督が望んでいた通りの選手選考は出来なかったようです。

欧州で活躍している選手も招集できなかったようですし。

ここは選ばれたメンバーから第二のサラーが出てきてほしいですね!

・オーストラリア

3大会ぶり8回目

最高成績:4位(1992年)

出場権をかけたU-23アジア選手権の3位決定戦で勝利し出場権を手にした

オーストラリア代表

オリンピックに臨むメンバーは以下の通りです。

U-24オーストラリア代表所属
▼ GK 
トーマス・グローバーメルボルン・シティ
アシュリー・メイナード=ブルーワーチャールトン(イングランド)
▼ DF 
※ルオン・トンギックセントラルコースト・マリナーズ
ナサニエル・アトキンソンメルボルン
ジョエル・キングシドニーFC
トーマス・デン浦和レッズ
キー・ロウルズセントラルコースト・マリナーズ
ハリー・サウターストーク・シティ(イングランド)
▼ MF 
ディラン・ピエリアスウェスタン・ユナイテッド
コナー・メトカーフメルボルン
キアヌ・バッカスウェスタン・シドニー
ライリー・マッグリーバーミンガム(イングランド)
デニス・ジェロ―マッカーサー
ケイレブ・ワッツサウサンプトン(イングランド)
▼ FW 
ダニエル・アルザニユトレヒト(オランダ)
※ミッチェル・デュークウェスタン・シドニー
レノ・ピスコーポウェリントン・フェニックス
ニコラス・ダゴスティーノブリスベン・ロアー
※はオーバーエイジ枠

注目選手はDFハリー・サウター(ストーク/イングランド)

身長2mのセンターバック

イングランドでもまだ出場機会は少ないが規格外のでかさが魅力。

またJリーグ浦和レッズのDFトーマス・デンも代表に選ばれ

過去に清水エスパルスに所属したFWミッチェル・デュークも

オーバーエイジ枠で選出されたので応援しがいがありますね。

・ルーマニア

14大会ぶり4回目

最高成績:ベスト8(1964年)

U-21欧州選手権でベスト4入りを果たしてオリンピック出場を手にした

ルーマニア代表

ヨーロッパの古豪は最高成績以上を目指せる力があるとみられてます。

注目選手はFWデニス・マン(パルマ)

左利きのウィンガーはA代表でも8試合に出場しており今大会のブレイクが期待される選手です。

またパスやアシスト等テクニックに優れたプレーヤー

MFヤニス・ハジ(レンジャース/スコットランド)も注目!

なんと、父親はレジェンド!東欧のマラドーナことゲオルゲ・ハジだ!

Embed from Getty Images

・ニュージーランド

2大会ぶり3回目

最高成績:グループステージ敗退

U-23オセアニア選手権を制して2大会ぶりに出場権を獲得した

ニュージーランド代表

注目選手はMFサープリート・シン(バイエルン)

ニュージーランドサッカーの将来を担う逸材で、

今大会の主役となる可能性は大いにある。

A代表に召集されている選手も多く選手層も多い初のグループステージ突破を目指す。

・南アフリカ

2大会連続3回目

最高成績:グループステージ敗退

2019年のU-23アフリカ選手権で3位となり出場権を獲得した

南アフリカ代表

注目選手はFWルーサー・シン(パソス・デ・フェレイラ)

すでにA代表歴もあり、様々な国でプレーしている国際経験豊富なFWです。

日本代表と同じグループですが、

初戦の日本戦以外で活躍して欲しいです。

Embed from Getty Images

・メキシコ

3大会連続12回目

最高成績:優勝(2012年)

北中米カリブ海予選を制して出場権を獲得した

メキシコ代表

テクニックがあり、海外経験豊富な選手が多く

優勝も狙えるチームでしょう。

メキシコ代表もオリンピックに臨むメンバーが発表されました。

一人を除いてメキシコ国内で活躍している選手で構成されています。

U-24メキシコ代表所属
▼ GK 
ルイス・マラゴンネカクサ
※ギジェルモ・オチョアクラブ・アメリカ
セバスチャン・フラードクルス・アスル
▼ DF 
アドリアン・モラフレアス
エリック・アギーレモンテレイ
アルベルト・アングロアトラス
ブラディミール・ロローニャティフアナ
セサル・モンテスモンテレイ
ホアン・バスケスプーマス
▼ MF 
リカルド・アングログアダラハラ
フェルナンド・ベルトラングアダラハラ
ロベルト・アルバラードクルス・アスル
ウリエル・アントゥナグアダラハラ
セバスティアン・コルドバクラブ・アメリカ
ホセ・ホアキン・エスキベルフアレス
ディエゴ・ライネスベティス(スペイン)
カルロス・ロドリゲスモンテレイ
※ルイス・ロモクルス・アスル
▼ FW 
エドゥアルド・アギーレサントス・ラグーナ
※エンリ・マルティンクラブ・アメリカ
アレクシス・ベガグアダラハラ
※はオーバーエイジ枠

注目選手はDFエリック・アギーレ

U-24メキシコ代表のキャプテンも務める選手。

171cmと小柄だが、テクニックが高く判断能力が高い選手です。

オーバーエイジ枠のGKオチョアもベテランで反射能力が高く素晴らしいGKのイメージがありますね。

22人中17人がすでにA代表入りしている手ごわいメンバーが揃っています。

日本と同じグループのため日本戦では活躍しないでほしいところですね。

Embed from Getty Images

※写真はDFのエリック・アギーレ

【まとめ】

今回は札幌ドームで行われる対戦カードについて紹介しました。

優勝候補を含めて素晴らしい試合が行われます。

まだ、コロナの影響で開催・観戦できるがどうかわかりませんが…

世界基準のスーパープレーが見れるチャンスです。

子ども達に夢を与えられるチャンスです。

コロナが収まってくれればいいんですけどね。

6試合も素晴らしい試合が見られるので

開催・観戦について決まりましたら

是非チケットを買って観戦してもらいたいと思います。

※残念ながら札幌開催のサッカーは無観客開催となりました。

この中に将来のクリスティアーノ・ロナウドメッシになる

逸材が現れるかもしれません。

札幌ドームで試合する国から東京オリンピックを優勝する国が出てくる可能性は大いにあります。

たいらのたんぼブログでは「サッカーアイテム」についてや

「札幌でサッカーが出来る場所」等についても記事を書いています。

良ければご覧ください。下の画像をクリックでブログに行けます!!

ブログの画像

男子サッカーの札幌ドーム会場の結果は下のブログでまとめました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる